福岡太郎の雑記帳

福岡からオヤジ視点で、お酒、グルメ、写真撮影、ロック、時事の話題等や好きな街 福岡の情報を発信します。

オヤジのつぶやき Quality of Life その1

f:id:Rover200:20170807225344j:plain

働き方改革!
掛け声を掛けても中々出来ないんですよね。
欧米では当たり前なことが日本では出来ない。(笑)

このことに関して思うところを書きます。


欧米と日本では、人生における優先順位が違います。
近頃は少しは変わってきたと思いますが、日本では仕事優先でプライベートは二の次という考えがまだ多数を占めると思います。
「企業戦士はかくあるべし」的な考えがやはり強いんですよね。
だから、捨てる程有休があっても、退職直前位しか長期休暇が取れない。(笑)

一体、何のために働いているのか?
より良く生きる為の手段であるはずの仕事が、人生の目的にすり替わっているんですよね。
私もそうです。

欧米でもハードワーカーは居ますが、あくまでもプライベートが最優先であり、その為に仕事を頑張るというスタンスです。
プライベートの優先順位が高い訳です。

彼らは、どんなに仕事が忙しくても関係無しに夏場にバケーションを取ります。
これはごくごく当たり前のことです。
誰もそのことを責めません。
もし、責めたら、その人の信頼は地に落ちるでしょう。
駐在員かやってはならぬタブーなんです。(笑)

 

欧米のプライベート優先する事例としては、午後に急な仕事を依頼しても、「出来ない」と言われるケースか、ままある様です。


日本では、「仕方ない」と言って、自分の約束を犠牲にして仕事を受けることが多いでしょう。
これは”No"と言えない日本人の習性もありますね。(笑)
しかし、欧米では、駄目な時はハッキリ断ります。


こんなシーンがある為、駐在者向けの実践的な英会話コースの中で、取り上げられるシーンの一つでもあります。
この場合、「どう説得して業務に支障を来さない様にするか」がポイントです。
英会話のレッスンなのですが、自ら解を考えて対応する必要があります。
それだけ、日常業務で十分起こり得るシーンな訳です。


多くのケースでは、残業はプライベートの都合で無理でも、翌朝早くは大丈夫な事か多く、朝早く来て対応して貰うというのが、解になるケースが多いのです。
朝早く仕事することには、抵抗感が少ないんですね。

 

日本には日本の良さがある訳で、単純に欧米を見習うべきとは思いませんが、そういう生き方もあると知ることに意味があると思います。

かく言う私も、こういうことを書いていながら、自らは実践出来ていないのが実態です。(汗)
家庭を顧みず、仕事第一で長い間生きてきました。
でも、これは少しおかしいんですよね。
後半へと続きます。

 

トップの写真は、パリのバスチーユ広場です。
「革命を起こせ」と言っている訳ではありません。(笑)

  

ブログランキング参加しています。
応援ありがとうございます!
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ