読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡太郎の雑記帳

福岡からオヤジ視点で、お酒、グルメ、写真撮影、ロック、時事の話題等や好きな街 福岡の情報を発信します。

飛行機のオーバーブッキングなんて当たり前!

米国国内便では、オーバーブッキングは常識です!

米国は広大なので、飛行機での移動無しでは社会が成立ちません。
まるで長距離バスの様な感覚で国内便は運行されています。
日本と違って飛行機で移動する度に、どこの時間帯か気にする必要があります。米国本土で4つの時間帯がありますし、サマータイムもあるので、非常に分かり辛いです。

乗り継ぎの拠点となるハブ空港では、夜でも大勢の乗客で賑わっていますし、そもそも便数も多いのです。

客室乗務員は、年配の方が多く(笑)、彼女らに何も期待してはいけません。日本の航空会社の様なきめ細かなサービスは存在しません。(キッパリ)

米国国内便は、チケットは購入できても、座席が確保されていないケースが普通にあります。キャンセル客を見込んで、意図的にオーバーブッキングしている訳です。

「もし、キャンセル客が想定外に少なかったらどうするのか?」という疑問が湧きますが、ちゃんと対策はあります。

次の便に予約を変更するボランティアを空港内放送で募集するのです。ボランティアと言っても、無償ではありません。$200か何がしかのお金を受け取って次の(2時間後とか)便に変更する訳です。
急ぎでない乗客はラッキーですね。

日本人には無い発想です(笑)

 

先日、ユナイテッド航空で、アジア系の乗客が購入していた席を同社の従業員に譲らなかったため警察に通報し、この乗客を暴力的に機内から引きずり下ろすという事件がありました。
なぜ、航空会社の従業員に席を譲らない為に客が引きずり下ろされるのか全く理解できません。

多分、客を載せてやっているという発想が根底にあるのでしょう。
客室乗務員も地上乗務員にも通常レベルのサービスを期待できないのも、この発想に起因していると思います。

みんな仕方が無いので、それでも飛行機に乗るわけです。(笑)

f:id:Rover200:20170415134944j:plain

ブログランキング参加しています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング