福岡太郎の雑記帳

福岡からオヤジ視点で、お酒、グルメ、写真撮影、ロック、時事の話題等や好きな街 福岡の情報を発信します。

福岡は生のサバが普通!

福岡では、サバは生で食べることが出来ます!

福岡では、刺身は青魚(ブリ、サバ、アジ等)が多いです。夏場は、あご(飛び魚)の刺身もあります。

お寿司屋さんに行けば、普通にマグロもあるのですが、刺身というと青魚かタイ等の白身の魚が多いんです。

福岡では、サバの刺身、ゴマサバが一般的に食されています。

居酒屋から料亭まで、ちゃんとした料理人が入れば、普通に提供されます。
高価な料理では無く、普通に食べれます。

名古屋時代、この話しをしたら、信用されませんでした。(笑)
生のサバを食べれるのは、北部九州だけなんですね。

ご存知の通り、サバにはアニサキスと言う寄生虫がいます。

九州北部の海域で取れるサバとそれ以外で取れるサバのアニサキスは種類が違うそうです。

九州北部以外のサバにいるアニサキスは、内蔵だけでなく、身の部分にもいます。北部九州で撮れるサバにいるアニサキスは内臓にだけ居ます。

ただし、サバが新鮮なうちは良いのですが、アニサキスは時間が経つと内臓から身に移動します。だから、新鮮な状態でさばく必要があります。もちろん、プロのさばきじゃないと、アニサキスが混入する可能性があります。

生のサバが食べれる条件をまとめると

・九州北部で取れたサバ
・新鮮なサバ
・プロのさばきで作られた刺身

の三点です。

福岡では、この条件を満たすケースが多く、ごく普通に生でサバを食べることが出来ます。

写真は、今日馴染みのお店で食べた炙りサバの刺身です。
サバの刺身は定番メニューなので、おすすめのメニューは載っていません。

今日はサバを食べたいと思って寄ったら、おすすめメニューにアレンジした刺身が偶然ありました。
軽く皮を炙ってあります。これで640円です。(笑)
日本酒によく合います!

 

f:id:Rover200:20170413222836j:plain

ブログランキング参加しています。ポチッとどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング