読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡太郎の雑記帳

福岡からオヤジ視点で、お酒、グルメ、写真撮影、ロック、時事の話題等や好きな街 福岡の情報を発信します。

働き方改革についておもう

仕事に対するマインドを変えないと何も変わらない!

例の電通の事件以来、日本人の働き方の見直しが、一種のブームみたいに扱われています。
残業時間の数字のお遊びの様に感じるのは、私だけでしょうか?

ことの本質は、単純に労働時間では無いと思います。

長時間勤務でも、本人が仕事にやりがいを見出し、それ相当の収入があれば、それはそれで問題では無いと思います。
ただし、あまりに精神的、肉体的な負荷が重いな場合、周囲(特に上司)が止めるべきでしょう。

それが出来ない上司は、上司の意味がありません。その人の人生を大きく狂わせてしまいます。

もちろん、弱者をパワハラ長時間労働を強いることは犯罪です。これは論外でしょう。

欧米のサラリーマンは、大部分のケース帰宅時間が早いです。これは事実です。
中にはモーレツに働く人も少数ですが居ます。

一番の違いは「自身の人生をエンジョイする」ことが、彼らの最大の目標です。
モーレツ社員も、長いサマーバケーションを取りますし、何より自身の人生が大切なのです。

日本では、「自分から仕事を引いたら何も残らない」と思うサラリーマンの方が多いと思います。(笑)
人生=仕事なんですよね。


そのことを全面否定はしませんが、仕事はあくまで「自身の生活をエンジョイする」為の手段なんです。

手段が目的になっていることが、日本のおかしなところです。(笑)


日本人が勤勉なことは事実ですし、否定しません。人生をエンジョイする為にも、自身のスキルアップは大切なことです。

でも、人生=仕事では無いと思います。
働き方改革で、まず考えるべき点は、このことだと強く思います。

 

ブログランキング参加しています。ポチッとどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング