福岡太郎の雑記帳

福岡からオヤジ視点で、お酒、グルメ、写真撮影、ロック、時事の話題等や好きな街 福岡の情報を発信します。

移民しなくて良い国 日本

北米に行くとアジアからの移民の方をよく見かけます。移民の国ですから当然ですが。。。

戦前日本が貧しい時代に、多くの日本人が、海外へ夢を求めて移民していきました。
米国やブラジルなどですね。

北米で見かけるアジアからの移民は、韓国、台湾、中国からの人たちが多いです。(チャイナタウン、コリアンタウンがよくあります)

しかも、親の代からではなく、若い世代が当人の意思で移民している方が結構居ます。
祖国に希望を持てず、夢を求めて北米に移民したのでしょう。

日本人で若い世代が当人の意思での移民というのは、まず見かけません。 ビジネスの為の移住ならいるでしょうが。。。

祖国から出ることを真剣に考える必要のある国は厳しいですね。

日本の国会は、大切な政策論議はなされず、小学校の学級委員会の様な揚げ足の取り合いに終始しています。それでも国は回っているから不思議なものです。(笑)

色々な問題はありますが、移民を真剣に考える必要が無い日本は本当に恵まれた国だと思います。これは先人達のお陰かと思います。

最近は、日本でも海外の方をよく見かけます。

私は、移民の増加には反対です。制限をかけるべきと思います。
日本の文化、習慣の良い点がスポイルされることは避けるべきです。

写真は、バンクーバーのシーサイドです。
バンクーバー市内は、移民の中国人だらけです。中国としか思えません。バンクーバーの地名のイメージと住人のギャップには、正直驚きました。

 

f:id:Rover200:20170331184954j:plain

ブログランキング参加しています。ポチッとどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング