読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡太郎の雑記帳

福岡からオヤジ視点で、お酒、グルメ、写真撮影、ロック、時事の話題等や好きな街 福岡の情報を発信します。

オヤジのつぶやき 東芝半導体社はSANDISK社と一緒になるのが自然なのに。。。

東芝破滅の道の回避に待ったなし
だから、待てないのか?

headlines.yahoo.co.jp


多くの方が、SANDISK社という名前は聞いたことがあると思います。
メモリーカードで家電量販店等で見かけるブランドとしてご存知かと思います。

今はWetsern Digital社に買収されていますが、そのブランド名は継続して使用されています。フラッシュメモリーの老舗ブランドですから。しかも、これから大きく伸びる事業です。

ハードディスクは、いずれフラッシュメモリーに置き換わります。
5年後でしょうか? もっと早いかも知れません。

 

東芝SANDISK社は、長い間協業関係にあります。

両社でフラッシュメモリーを共同生産する工場を四日市に持っており、多額の投資を行っています。(3年間で1.4兆円とかいう規模感です。半導体工場の投資は非常に大きいのです。)

 

フラッシュメモリーの製造技術は東芝が持っており、フラッシュメモリー書き込みを制御するコントローラー技術はSANDISK社が持っており、お互いに強みを出し合ってこれまでやってきました。

 

ところが、今回の東芝半導体社売却の話です。

今まで一緒にやってきた(死なば諸共の関係の)両社が一緒なるのが、自然だと思いませんか?

しかしながら、両社の市場シェアが高い為、合併すると寡占状態になる恐れがあるということで、米国政府の独占禁止法の審査が待っているのです。

その審査が終わるのを待て無いということなんです。

この両社が合併すれば、技術の中国への流出も防げますし、米国にとっても悪い話ではないのでしょうが、そうは行かないのでしょう。

ちなみに、私はメモリーカードSANDISK社しか使っていません。
何と言っても、東芝製です。安心感は高いのです。(笑)

 

そうこう言っている間に時間切れになることを、東芝の経営陣は恐れているのでしょう。

「どこでも良いから、高い価格を付けた会社に早く売りたい」というのが、東芝の経営陣の本音でしょうが、周囲が許さないのでしょう。(笑)

東芝が消滅することは、政府が許さないでしょう。

原発を始めとする社会インフラの事業を営む会社が、消えることは許されません。

問題は、どんな規模で生き残るかです。

今の異常状態を脱して、債務超過のリスクが早く無くならないと、どうなるか分かりません。

最悪のケース、社会インフラのメンテナンスのみ行う(新規ビジネスは無し)という先の無い、今よりずっとずっと小規模な会社になりかねません。ほぼ壊滅状態です。

 

一部の経営トップの誤った考えが原因で、この様になったことは本当に残念です。

当然のことですが、経営者には高いコンプライアンス意識と高い責任感が必要です。

  

ブログランキング参加しています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング

写真の著作権のお話です。

f:id:Rover200:20170524234911j:plain

 

写真ブログ「福岡太郎のフォト徒然日記」更新しました!
著作権のお話です。

http://blog.fukuokajokei.jp/blog-entry-117.html

 

ブログランキング参加しています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング

 

股間に金の延べ棒事件 (笑) 笑い事じゃない!

こんなことで人生棒に振っちゃいけない!
しかし、韓国の搭乗チェックはザルなのか?(笑)

先日、福岡空港であった事件です。

www.asahi.com

 

54歳にもなって、こんなことやっちゃいけない。
被告は公務員の様ですが、当然懲戒免職で退職金も出ない。

執行猶予は付くでしょうが、家族もいるのに、いきなり無職になり、まともな仕事には就けないでしょう。

いい歳して何んでそんなことが分からないんでしょうね。
数万円もらうのと引き換えに退職金を失うなんて。。。

 

しかし、驚くべきは、こんな子供騙しのやり方で、韓国から日本への持込みに3回も成功していたということ。

 

韓国で搭乗する前に金属探知機でチェックしないのでしょうか?

 

そんな訳は無いでしょうから、唯一考えられる方法は、出国後の店舗等で働く人を巻き込み、金の延べ棒を出国後のゾーンに持ち込み、体に付ける方法ですね。

しかし、出国後の店舗等で働く人達も当然チェックされるでしょうから、日本では考えられないですね。
でも、空港職員もグルだったら出来ますね。

彼の国の道徳とか常識とかは何処へ行ったのでしょうか?
儒教の国のはずなのに。(笑)

 

ブログランキング参加しています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング

小さな子供の頃の曲 何を思い出しますか?

あなたは小さい子供の頃の曲 どんな曲を覚えていますか?

 今日もいつものお店に寄って、帰宅途中に、ふとこの曲が頭によぎりました(笑)

「花嫁は夜汽車に乗って。。。」
小さい子供の頃の記憶がフラッシュバックしました。

日頃は意識していない曲です。
単なる飲みすぎですかね?(笑)

 

www.youtube.com

 

実は「風」という曲が、多分私が覚えている一番古い曲なんです。
5歳位の曲です。

 

どちらも、はしだのりひこ の曲なんです。

最近まで知りませんでした。(笑)

はしだのりひこは、この時代に多くのヒット曲を出してるんですよね。

 

子供心に、純粋に美しいメロディーラインの曲が好きだったんでしょうね。 

今聞いても新鮮で良い曲だと思います!

以上、オヤジのつぶやきでした!

 

www.youtube.com

 

 

ブログランキング参加しています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング

オヤジのおすすめ 80年代UKロック Prefab Sprout

今回の80年代UKロックバンドはPrefab Sprout
ロックというよりポップスですね。 

デビュー当時から、UKでは知る人ぞ知る的な知名度があったようですが、アルバム ”From Langley Park to Memphis"の”The King of Rock 'N' Roll”で一躍メジャーになりました。

しかし、日本では、なぜか余り知られていないんですね。

Memphisという地名が使用されている様に、米国に対する様々な感情がテーマになったアルバムです。
ビデオや歌詞から英国人の米国に対する憧れと呆れが混ざった複雑な感情が見えて来ます。
しかし、このビデオは悪乗りし過ぎと思います。(笑)

 

www.youtube.com

 


このバンドは、ボーカルのPaddy McAloonのワンマンバンドで、
彼の曲のセンスに全てが掛かっていました。

同じアルバムから、私の好きな曲をもう一曲”Cars and Girls"です。
Bruce Springsteen的な米国の歌のテーマ”Cars and Girls"に
懐疑的な気持ちを表現した曲です。


確かに米国は車社会ですが、”車と女の子”より大切なものは
あるだろうと、私も思います。(笑)


www.youtube.com



アルバム毎に彼の才能は洗練され開花して行きます。
彼のソングライティングのUKの音楽シーンでも突出している
と思います。
しかしながら、もはや忘れさられている様に彼の才能は
過小評価されていると思います。

 

熟成が進んだアルバム”Jordan: The Comeback”から私の好きな曲を一曲。”We Let the Stars Go” 美しい曲です。
下手な日本語の曲名は原題のイメージを損なっていまいますね。

 

www.youtube.com

 

 彼らの作品から敢えて一枚選ぶとするなら、やはりベスト版ですね!

38カラット・コレクション

38カラット・コレクション

 

 

ブログランキング参加しています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング

写真ブログ「福岡太郎のフォト徒然日記」更新しました! 篠栗 九大の森 

写真ブログ「福岡太郎のフォト徒然日記」更新しました!

blog.fukuokajokei.jp

 

ブログランキング参加しています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング

オヤジのモダンアート入門  ウィリアム ターナー

新シリーズです(笑)
写真撮影を始める前は、モダンアートに興味があり、よく絵画を見に美術館に行ってました。

東京とか広島とかにも足を伸ばしていました。
ひろしま美術館は、印象派好きの方におすすめです。

根が凝り性なので、作品一つずつではなく、西洋絵画の全体の流れを理解したくて、NHKの「名画への旅」シリーズを読みました。
このシリーズは、名著と思います。残念ながら、既に廃巻ですが。。。

 

名画への旅(23) モダン・アートの冒険―20世紀2

名画への旅(23) モダン・アートの冒険―20世紀2

 

  

作者が一体何を目指しているのか、3次元である現実をどうやって2次元の絵画の世界に落とし込むのかに苦悩していることが、よく分かりました。

 

背景を知った上で、絵画を見るとより深く理解できます。

 

19世紀後半のモダンアート以前は、神話、宗教画、高貴な人物の肖像画のみが芸術とみなされていました。
リンゴはリンゴのイメージで描くことが必須でした。
ルネッサンスの絵画を見れば良く分かります。

 

モダンアートは、この壁を壊し、やがて抽象絵画へ昇華されて行きます。
作者の感じたイメージが、ダイレクトにより濃く作品に反映されて行きました。

前置きが長いですね。(笑)


初回は、どの作品にしようかと思いましたが、
英国のジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)の
雨、蒸気、スピード~グレート・ウェスタン鉄道
です。

f:id:Rover200:20170519220555p:plain

 

当時繁栄していた英国では、蒸気機関車が普及してきており、その走る姿の空気感を描写したものです。


それまでの、具体的な描写にこだわる絵画と一線を画した絵画です。
これは、モダンアートへの重要な一歩だと思います。

この様な作品に刺激を受けて、画家達が自らの表現を模索し、その結果、加速度的にモダンアートは進化して行きます。

 

画像使用に関しては、著作権の関係で掲載できない良い作品がありますが、今後、可能な範囲でお気に入りの作品の紹介をシリーズ化出来ればと思います。

多くの ターナーの作品が、ロンドンのテートギャラリーにあります。
ロンドンには仕事で数回行っていますが、時間の関係で見ていません。残念。。。

 

ブログランキング参加しています。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

親父日記ランキング